スカイマークの格安航空券で、国内旅行をお手軽に

低価格で、北は北海道から神戸、九州や沖縄那覇空港まで国内旅行を楽しめるスカイマーク。 3ヶ月前から発売される航空チケットをうまく利用すれば、とても簡単に安く日本各地を巡ることができます。

3ヶ月前から航空券購入可能

スカイマークの格安航空券には、いくつか種類があります。基本的には3ヶ月前から購入が可能なものがほとんどです。夏ダイヤや冬ダイヤの切り替え時期は、若干3ヶ月前後となりますが購入できます。
もし、先々の予定が組める方ならできるだけ早く予約をするべきです。チケット代が便の販売数によって大きく変動します。そのため早い時点ではとても割安なのです。
普通運賃は、予約の変更が可能で、払い戻しは500円かかります。取り消しの手数料は出発先によって異なりますが、4000円から8,000円。場合によってはチケット代と同じほどかかってしまう場合もあります。そのため、費用を抑えるためにスカイマークを選んだのなら、予約日は慎重に設定しなければなりません。

いま得について

いま得という、購入方法があります。発売開始から3日前から1日前まで販売されています。空席によって、価格が変動するところが特徴です。そのため空席がなければ販売されない時ももちろんあります。急な休みが取れたりしたときにとても便利な格安航空券です。そのかわり自分が購入した後にも、価格が変動される場合もあるので注意が必要です。こちらも取り消し手数料が、 4,000円から5,500円と高額にかかります。ん

お得な購入方法がいっぱい

スカイマークでは前割3や、前割1といった3日前、 1日前まで購入できる格安航空券があります。自分が購入した便が出発する前の、同日の飛行機の空席があれば変更することもできます。その際に発生する差額の支払いは、もちろんしなければいけません。チケットがあれば、もう少し早い便で出発できるのが魅力です。
SKYセールといって、サイトで販売が告示されますが、限られた期間の中で、かなりお得な航空券が手に入る時もあります。自由に時間がある人は、この販売方法で発売されているチケットを利用し、割安な旅を組み立てることもできます。

航空券発売と同時に購入するのがオススメ

オレンジの航空券
このように、スカイマークの格安航空券は、販売された残席数によって価格が大きく変動していくところがポイントです。そのためできるだけ早く予定が組み立てられる場合、3ヶ月前の発売と同時にチケットを購入するべきです。新幹線などで同じ区間を移動するにしても、半額位の価格で済ませることができる場合もあるのです。取り消し手数料に4,000円から8,000円と、下手をすればチケット代と同額ほどの払い戻しが課せられます。その点を注意して、スカイマークのチケットを利用すれば、日本各地の楽しい旅が待っています。

関連記事: