気楽に航空券をネットで予約

安くで航空チケットが取れると評判のLCCは、ネットでも簡単に予約が出来るのですが、少しだけ気を付ける事があります。
LCCの場合は食事や、座席指定、機内預け荷物、保険などはオプションで選ぶ事になっているので、それを全て選んだ場合では始めに表示されている最安の価格よりは高くなります。
旅行をする時は予算をまず立てると思いますが、LCCのウェブサイトを見て、キャンペーンとなっていて16000円で海外に行けるというような広告が出ているとしても、それは最安値であり、そこからもちろんTAXも入りますし、オプションを付けていけば20000円を超え、更に高くなるという場合もあり、それの往復になるので40000円以上はかかるという予算を立てておかなければいけません。
広告だけを見て、16000円で済むと思い、その計算で予算を立てていると、チケットを取る時に、どうしてこんなに高いのだろう?というハプニングが起こってしまうのです。
そしてLCCの場合は乗る前には自分でチェックインを済ませるという方法もあり、ネットからする場合もあります。
それは空港のカウンターでは荷物を機内に預けるという作業だけで済むという事になるので、スムーズに進める事が出来る上、LCCだからこそ、従業員を少なくても良いという事に繋がります。
自分でする場合は予約番号を入力して、確認でもう一度安くで航空チケットが取れると評判のLCCは、ネットでも簡単に予約が出来るのですが、少しだけ気を付ける事があります。
LCCの場合は食事や、座席指定、機内預け荷物、保険などはオプションで選ぶ事になっているので、それを全て選んだ場合では始めに表示されている最安の価格よりは高くなります。
旅行をする時は予算をまず立てると思いますが、LCCのウェブサイトを見て、キャンペーンとなっていて16000円で海外に行けるというような広告が出ているとしても、それは最安値であり、そこからもちろんTAXも入りますし、オプションを付けていけば20000円を超え、更に高くなるという場合もあり、それの往復になるので40000円以上はかかるという予算を立てておかなければいけません。
広告だけを見て、16000円で済むと思い、その計算で予算を立てていると、チケットを取る時に、どうしてこんなに高いのだろう?というハプニングが起こってしまうのです。
そしてLCCの場合は乗る前には自分でチェックインを済ませるという方法もあり、ネットからする場合もあります。
それは空港のカウンターでは荷物を機内に預けるという作業だけで済むという事になるので、スムーズに進める事が出来る上、LCCだからこそ、従業員を少なくても良いという事に繋がります。
自分でする場合は予約番号を入力して、確認でもう一度パスポート番号を入力したり、生年月日、名前を入力するだけという簡単な作業になるので、難しくはありません。
それが終わればバーコードが出てくるので、そのページをプリントアウトして、空港へ持っていくという流れになります。
あるLCCのエアラインではこのプリントが非常に重要としているものもあるので、忘れてしまって、しかも予約番号などを控えていなかった場合は搭乗出来ない、またはチェックインをしなおす為の手続きで料金がかかるというものもあります。
少しだけ注意出来ればあとは気軽に飛行機のチケットを予約して旅が出来るので、慣れておくのも大事だと思います。スポート番号を入力したり、生年月日、名前を入力するだけという簡単な作業になるので、難しくはありません。
それが終わればバーコードが出てくるので、そのページをプリントアウトして、空港へ持っていくという流れになります。
あるLCCのエアラインではこのプリントが非常に重要としているものもあるので、忘れてしまって、しかも予約番号などを控えていなかった場合は搭乗出来ない、またはチェックインをしなおす為の手続きで料金がかかるというものもあります。
少しだけ注意出来ればあとは気軽に飛行機のチケットを予約して旅が出来るので、慣れておくのも大事だと思います。

関連記事: